認定医・専門医・指導医の違いって何?矯正歯科で先生を選ぶ基準。インビザライン75日目No.9/58

      2018/03/02




こんにちは!ハム子(@rinvisalign)です。

医院を選ぶ基準は、通いやすさや費用、医院の雰囲気などもありますが、

実際に「矯正治療をしてくれる先生」のことも判断基準にいれた方がいいと思います。

そうして矯正歯科を選んでいると「矯正専門医」や「矯正認定医」、○○矯正学会所属…などいろいろな言葉が出てきて困りますよね。

結局どんな先生を選べばいいのか、混乱してしまいます。

せっかく何年もかけて、手間ヒマかけて、時には見た目を犠牲にしてw矯正するんですから、トラブルなくキレイに仕上げてくれる先生がいいですよね。

矯正するにあたって「先生を選ぶ基準」について書いていきます。

※今回はインビザラインに限らず「矯正歯科」という括りで基準を紹介していきます!

ちなみに、矯正を始める時はまずは先生を決めてから矯正方法を決めても良いと思います♪

矯正の方法は個人差があるので、自分の希望と歯のカタチに合った方法を提示してもらえます。

インビザラインの医院を選ぶ場合はこちらの記事も⇒インビザライン矯正は誰がやっても同じ?



矯正治療の先生の選び方:矯正認定医・専門医…違いは何?

歯科医師の免許をもっていれば誰でも「矯正歯科」と名乗って治療することができますが、

免許をもっているからといって、矯正の知識が十分ということではないんだとか…!

なので、ちゃんと専門知識・技術を持った先生を見極める方法として「認定」「資格」制度を設けています。

認定医・専門医・指導医の違い

・認定医
研修・書類審査などで取れる資格。
「矯正治療を専門とした知識と技術がある」という証明になります。

・専門医
たくさんの臨床試験を経て、厳格な基準をクリアした歯科医師に与えられる認定。
取得するには高いスキルと多くの経験や論文発表などが必要になります。

・指導医
矯正医になる人を教育するための資格。高い技術に加え多くの専門知識・教育知識が必要です。

ざっくりまとめると
認定医⇒矯正専門でもやっていけるくらいの知識がある先生、
専門医⇒認定医にくわえ、たくさんの経験や学会発表などをしている先生、
指導医⇒先生のための先生。

ってかんじですね。

ちなみに「指導医」の資格は技術審査が課せられるものではなく、

大学等の教育機関で指導者として在籍した年数が基準となるので、治療の腕は関係ありません

なので治療をしてもらう先生を選ぶ基準としては「認定医なのか専門医なのか」だけで十分のようです。

ハム子
ちなみに、ハム子の先生は「認定医」でした~♪でもかなり勉強されてるみたいなので、十分満足しています!

認定医・専門医を探そう!

ちなみに実は全国の歯医者に比べて「認定医・専門医」ともに少ない…!ので、根気よく探す必要がありそうです。

人数割合はこんな感じのようです。

参照元:https://www.tairaku-ortho.com/approved/

この説明をみると「どうせやるなら専門医の先生が良いに決まってる!」と思ってしまいますが、

専門医の先生は学会発表や自分の論文などもあるため、忙しい人も多いんだとか…。

その分費用が高かったり、先生が急に長期休暇を取ってしまう、なんてこともあるようです。

どんなスケジュールになるのか、値段はいくらなのかなど、しっかりカウンセリング時に確認してみてくださいね。

認定医か専門医かどうかは、歯科のHPなどで先生のプロフィールを見ると確認できますよ。

その他、先生を選ぶときのチェックリスト

その他、先生を選ぶときの基準ですが、ハム子の場合は行きつけの虫歯治療の先生(とても信頼している)のところで矯正専門の先生がいたので、

ハム子
「虫歯治療の先生」が必ず同席してくれるならここでやる…!

と生意気にもお願いしてしまいました。

正直矯正の先生とは相性がよくないのですがw、虫歯治療の先生が太鼓判を押してくれてるので通っているようなもんです笑

今いろいろ経験してみて、改めて思う先生選びのポイントは…

・矯正治療の方法をメリット・デメリットを交えて説明してくれるか

ワイヤー治療だろうとインビザラインだろうと、どちらもメリットデメリットがあります。

納得感のある治療をするためにも、必ず事前にしっかり説明してくれるかは大事です。

・治療のスケジュールを細かく教えてくれるか

事前に歯がどう動くのかシュミレーションしてくれたり、できれば「3カ月後はこうなる」など詳細のスケジュールを話してもらえると安心です。

特にインビザラインは治療が始まってからは通院頻度が2カ月に1回とかになるので、スケジュールが分からないと不安でしょうがないです。

・こちらの希望や質問に真摯に向き合ってくれるか

矯正って高い買い物ですし、見た目や生活にも変化がでます。

先生からしてみると「たかが1~2年」のことかもしれませんが、矯正をやる側からしてみたらかなり長い期間ですよね。

不安要素を解決してくれるかは個人の歯の状態にもよるので一概には言えませんが、真摯に・親身に向き合ってくれる姿勢が大事だと思います。

ハム子75日目のまとめ

いろいろ書きましたが、歯医者の先生を選ぶときと同じで、一番大事なのは先生との相性です。「この人になら歯を任せられる!!」と直感で決めちゃっても良いと思います。

ハム子
ハム子は虫歯治療の先生に対して「この先生がいってることだから大丈夫だろう」という気持ちでいますw

そんな先生と出会えることは貴重ですから、自分の足でいろいろカウンセリングに行って相性の良い先生を見付けることが一番大事かなぁ、と思うのです。



最後に…ランキング参加始めました♪


日々のモチベーションを上げるため笑、「ブログランキング」参加中です!
ぜひ下記2つの「ブログランキング」にクリックお願いします♪

にほんブログ村 美容ブログ 歯科矯正ランキングを見る にほんブログ村

歯列矯正 人気ブログランキングを見る

 - ノウハウ ,