歯科矯正の医療費控除はいくら戻ってくる?私の計算方法を公開!インビザライン69日目No.8/58

      2018/02/23




こんにちは!ハム子(@rinvisalign)です。

昨日に続き「医療費控除」について書いていきます!

医療費控除って何?どうやって申請するの?というのは>>歯科矯正で医療費控除は可能?素人でも分かる申請の仕方と必要な書類。に書いています♪

さて、医療費控除の申請をするときに一番気になるのが「いくら返ってくるか?」ではないでしょうか。

「ハム子の場合」を計算しながら書いていきたいと思います!※ハム子の年収など生々しい話もでてきますw



医療費控除の計算方法は?

計算方法を見てるといろいろなサイトに情報が載っていました!

シンプルに①医療費控除額×②税率(所得額によって異なる)という計算方法で決まりますが、

この「医療費控除額」が結構むずかしそうです。。

①「医療費控除額」の計算方法

計算方法は2パターンあり、所得額で変わってくるそうです^^

1.総所得が200万円以上の場合
1年間で払った医療費 − 保険金等で補填される金額 − 10万円 = 医療費控除額

2.総所得が200万円未満の場合の計算式
1年間で払った医療費 − 保険金等で補填される金額 − 総所得の5% = 医療費控除額

ハム子
・・・ヨクワラン

そもそも「所得」というのが総支給のことなのか手取りのことなのかも分からなくて焦りました(笑)

「所得」って何ですか・・・!?

どうやら、ハム子のような会社員の場合、「所得」というのは総支給でも手取りでもなく

収入(総支給学) − 給与所得控除 = 所得

という計算式で出される額みたいです。この「所得」をもとに住民税などを決定します。

「給与所得控除」というのが「会社から支給される交通費」などの税金がかからないのに支給されてるお金。ので、そういうお金を引いた額を「所得」と呼びます。

例えば

・給与が450万(交通費0円)
・給与が400万(交通費50万)

の人は会社からもらうお金がどちらも「450万円」ですが、同じ税金を払えっていうのはおかしいですもよね。

この場合の「所得」はそれぞれ450万と400万になります。

…といろいろ説明しましたが、↓のツールをつかえば一発で「所得」が出せるのでぜひやってみてくださいw

http://kyuyo.net/keisan/syotoku_06_v2.htm

ハム子の場合の「医療費控除額」はいくら?

ハム子は会社から「年450万円」ほど総支給でもらっていたので、

上のチェッカーで確認してみたところ「所得」は「年306万円」でした!

ハム子
100万以上減るもんなんですね…なんかちょっとショックw

するとルールの①総所得が200万円以上の場合に当たるので、

1年間で払った医療費 − 保険金等で補填される金額 − 10万円 = 医療費控除額

の計算式が当てはまります。

ハム子の場合は、

1年で払った医療費=インビザライン矯正費100万・その他虫歯の治療費計約3万円

保険金等で補填される金額※=なし
※生命保険や共済などによって補われる医療費のこと

なので、「103万円-0円-10万円=93万円」が「医療費控除額」になります。

結局、ハム子にはいくら戻ってくるの?

「医療費控除額」が93万円ということが分かったので、そこに「税率を掛けた額」がハム子に戻ってくるお金です。


参照元:http://biz-owner.net/koujo/iryouhi-keisan

ハム子の場合は「195万円を超え330万円以下」に当てはまるので税率は10%

医療費控除93万円に10%をかけた金額が、実際に所得税から差し引かれる金額となります。

93万×0.1=93,000円

ハム子
きゅ、きゅうまんさんぜんえん…!

思った以上に返ってくることが分かって驚きです。もはやプチボーナスですよね!!

(100万払ったことを忘れて得した気分ですw)

ハム子69日目のまとめ

やっぱりこういう手続き関係は苦手なハム子です。。頭に汗かいた!笑

でも10万近く戻ってくることが分かってかなりテンションが上がってます♪

早くちゃんと手続きしなきゃ!笑



最後に…ランキング参加始めました♪


日々のモチベーションを上げるため笑、「ブログランキング」参加中です!
ぜひ下記2つの「ブログランキング」にクリックお願いします♪

にほんブログ村 美容ブログ 歯科矯正ランキングを見る にほんブログ村

歯列矯正 人気ブログランキングを見る

 - ノウハウ , ,