矯正中の歯の動きが悪い人に共通する5パターン。インビザライン24日目No.4/58

   




こんにちは!ハム子(@rinvisalign)です。

昨日はアライナーの浮きが気になるという記事を書いたこともあり、

「歯の動き」の良し悪しってどう決まるの?という疑問がわいてきました。

どうせなら作り直しもなく、順調に歯を動かしたいですよね!

今ハム子はアライナー10日交換なのですが、順調に歯がキレイに動けば「アライナー交換日の短縮」ができるかもしれないので(10日→7日交換になったら、矯正期間が半年以上変わってくる!)

どうすれば歯が動くのか?OKパターンとNGパターンを調べてみました。

今日はNGパターンをご紹介しますね!

ハム子
インビザラインについてですが、ワイヤー矯正してる人にも当てはまりそうです!



矯正中の歯の動きが悪い人の5ケース

1.口元周辺に触れるクセがある

舌で歯を押してしまうのはもちろん、爪や唇をかむ癖、うつ伏せで寝たり机に頬をついてしまうなど、

口元周辺に触れるクセは、歯並びに影響します。

特に舌は直接歯に力を加えているので要注意

自分では気づいてない人も多いようですが、口呼吸などで舌のポジションが常に前の方に出ている人!

ハム子
実はハム子もこのパターンでした…だから出っ歯なのかも…

舌の位置や動きはトレーニングや意識で治るようなので、

この記事を見たらすぐに治しましょうっ!!

舌の力って案外強いみたいです。。

2.年齢が高い

大人になるほど歯の周りの骨が固まり、歯が動きづらくなるそう。。

ハム子
確かに、皆は幼少期に矯正してるもんなぁ…

そして無理に動かそうとすると、意図せぬ歯が動いたり、ストレスをかけた歯の周辺が溶けてしまうことも。

子どもの矯正に比べて、動かした後に元に戻ろうとする力も加わりやすいので、年齢が上がるほど保定期間も長くなりやすいそうです。

他の方のブログなども見たところ、年齢高め(といっても35歳以上とか)の方はマウスピースの交換期間が14日の人が多かったです。

10代の方だとマウスピース5~7日交換の人もいました。

まぁでもこればっかりはどうにもならないので、気長にやっていくしかありません。

逆に若い方で迷ってる人は、年をとってやるくらいなら今すぐやった方がいいですよ!

3.歯を噛みしめ・くいしばってしまう

歯をかみしめて力を加えると、歯が内側に倒れてガタガタになる原因になります。

自分自身で歯を動かしちゃうって悲しいですよね…

ちなみに「噛みしめ」と言うと、グッと力を入れて噛んでいるようなイメージですが、実は違います

口を閉じてる時に、歯が少しでも当たっていれば、もう「噛みしめ」の状態なんだとか…

自分が口を閉じてる時に必要以上に歯が当たってないかチェックしてみてください!

4.インビザラインが苦手な歯を動かそうとしている

インビザラインのようなマウスピース矯正は、前後左右への歯の動きが得意分野

その代わり、上下に歯を動かすことが苦手なんです。

例えば出っ歯の人の前歯の傾きを下げるとかね。

あとは奥歯を手前に動かす事も苦手とされています。

このような、苦手な動きを要する治療をしている人は、歯の動きも遅くなってしまいます。

5.マウスピースを規定通り装着していない

これは言わずもがなですが笑、

・装着時間は1日20~22時間
・装着時は5分~10分チューイーを噛んでしっかりとマウスピースをはめる

ことができてない人は歯が動きません!

1つのマウスピースで移動できる歯の移動距離は「最大で約1mmなので、もどかしく感じるかもしれませんが、

インビザラインを選んじゃった以上はしっかりやりきりましょう~!

ハム子
私も本来面倒くさがり屋なので、めちゃ辛いです。。一緒に頑張りましょう…!

「そもそも歯が動かない」人もいます

アンキローシス(骨性癒着)という症状で、そもそも動かしたい歯と骨が癒着してしまっている状態の人もいるんだとか。

そうなると何年矯正をしたとしても歯を動かすことはできません

事前のチェックで必ずしも見つけられる訳ではないようなので、コワイですね。。

ハム子24日目のまとめ

・歯に余計な力がかかってないか、今一度確認したほうがいい
・ハム子は舌の位置がうまく抑え込めてなかった!!



最後に…ランキング参加始めました♪


日々のモチベーションを上げるため笑、「ブログランキング」参加中です!
ぜひ下記2つの「ブログランキング」にクリックお願いします♪

にほんブログ村 美容ブログ 歯科矯正ランキングを見る にほんブログ村

歯列矯正 人気ブログランキングを見る

 - ノウハウ , ,